英語を「苦しみ」にしない

英語を話し始めてもう10年以上。中学から勉強し始めたことを考えると、もう20年近く英語と触れ合っています。

そして、英語が勉強科目でもなく、海外でのサバイバル手段でもなくなり、純粋に英語を楽しめるようになって気づいたことがあります。

英語を話せるようになりたい!と願う多くの人が(そして英語を教えようとする多くの人が)、「克服する」とか「頑張る」とか、英語がまるで押しても引いてもびくともしない難敵だと思っているということです。

英単語を効率よく暗記する方法など、「英語という難敵をやっつけるため」の売り文句が世の中を席捲している気がするのです。

確かに学校でも会社でも、英語を点数化してその人の能力が測られる現代の風潮では当たり前のことかもしれません。

でも、英語ネイティブや英語の立場になって考えたとき、英語を克服すべき対象だと思われるって、どうなんでしょうか。

例えば日本語が、何かの弾みで国際語の立場になったとします。とても嬉しいですよね。自分の母語で海外の人とコミュニケーションできるのはすごく嬉しいです。

でも、日本語の美しさや文化などを知らずに、暗号を頭に叩き込むように無理やり単語を覚えようとしていたら、悲しくありませんか?

そういう人がいたら「もっと楽しんでいいんだよ!」とか「その言葉の本当の意味はね」って教えたくなる気がします。そして、もっと日本文化のことを知ってもらい、言葉の成り立ちや「言葉の奥にあるもの」に気づいてほしいと思いませんか?

現代日本社会の英語に対する風潮って、英語への敬意や、英語文化を生きている人たちへの敬意が欠けている気がします。

それよりも、英語のテストでどうやっていい点数を取るかという、今の競争社会を生きる上での踏み台にされてしまっている

もしかすると「英語を楽しむ余裕なんてない」という声もあるかもしれません。

しかし、楽しくないと続かないし、身につかないことは事実です。暗記することほど、苦痛なことはありません。

つまり、どうしても英語をやらなければいけないなら、少しでも楽しめるように工夫した方が最終的にはいい結果を作るのです。

英語の本質や、それを支える文化の奥深さに気づいた今、英語をもっと純粋に楽しんでほしいし、「苦しめるもの」という思い込みを取り除きたいと思っています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.