この発音、通じますか?

日本人と英語の発音の関係って、どうしてこれほど複雑になってしまったんでしょうか。

「発音」と聞いただけで、過去のトラウマがふつふつと腹の底から沸き上がってくる方も多いはず。

「私、発音悪いんで…」と仰る方も多いけれど、「そんなことありませんよ」以外に上手く返すことができず、いつも決まりの悪さに取り残されてしまいます。

おそらく世界中で日本語母語者以上に、発音にコンプレックスを抱いているグループはいないかもしれません。

そもそも英語が苦手という方の一番の不安と恐怖は、

1.理解されず、聞き返されること

2.相手の言っていることが分からないこと

ではないでしょうか。

これではなかなか英語コミュニケーションが楽しい!とは思えないですよね。英語を話すのに抵抗が生まれるにも仕方ありません。

しかし、「理解されず、聞き返されること」の理由は大きく分けて3つ理由があり、それを理解していると、英語コミュニケーションの際に気持ちが楽になるでしょう

理由1:相手にとって聞き馴染みのない文章であるということ

たとえば、私たちも日々、日本語を全て一語一句聞き取って理解しているわけではありませんよね。電話口など、聞き取りづらい場合でも、相手が話していることを類推しながら理解しようとしますよね。

しかし、言語をつくる文化が異なっている場合、ある状況に対する私たちの反応が、彼らの予想に反することがあります。そのような場合、「え?なんて?」という反応をすることがあるでしょう。

つまり、発音が悪くて聞き取れなかったのではなく、聞き取れたけど理解できなかった、ということがあるのです。

理由2:発音全般が悪いのではなく、いくつかの母音や子音が分かりづらかったり、文章のイントネーションが分かりづらい

これは練習次第で問題がなくなります。LとR、thの音、長母音・短母音など、人間が発することが出来る音なのですから、口が慣れれば問題はありません。

そして、一つずつの発音が改善されたら、文として分かりやすくなるように練習しましょう。相手に伝わるよう、まるで歌を歌うかのように、高低差や強弱をつけることが大事です。

最近AIスピーカーなど、音声も人工的に作られるようになりましたが、全体の抑揚が不自然だと、分かりにくい場合がありますよね。

つまり発音全般が悪いというよりも、自然なイントネーションではないから伝わりづらいということがあるのです。

理由3:相手に異文化コミュニケーション経験が少ないこと

多くの日本人の方は、ネイティブが絶対に正しいという思い込みがあるかもしれません。

しかし、今や英語は国際語となり、第二言語として少なくとも10億人が使用しています。それに比べ、ネイティブ話者は半分以下の4億人ほど。

(世界経済フォーラム「Which countries are best at English as a second language?」より)

英語はすでにネイティブのものだけではないのです。例えば、ヨーロッパやアジアなど、英語を母国語としない人たちの異文化コミュニケーション方法として英語が使われています。

なので、英語の種類も多種多様、もちろん発音もその地域の母国語に影響されたものになるのです。

それを「理解されず、聞き返された」というだけで、「発音が悪い」という烙印を押すのは早すぎるのです。

理由1・2と重なる部分もありますが、「予想していた内容・聞き慣れた発音じゃなくて分からなかった」というのは、相手の異文化コミュニケーションの経験値に依存するところも大きいのです。

私たちは、つい「聞き返される→発音が悪いと思う→英語に苦手意識を持つ」という自分を責めるループに入りがちです。しかし、コミュニケーションというのは双方の努力があって初めて成り立つ交流です。

たしかに何度も聞き返されると心が折れてしまいそうになりますよね。

でも、それはあなただけの問題ではないので、どうか自信を無くさないでほしいと思います。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.