「英会話」を教えるということ

新しい生徒さんとレッスンを始めるとき、まず聞く質問がある。

「どうして英語を習いたいんですか?」と。

ある人にとっては、愚問かもしれない。

「今のグローバル社会で英語ができないとやっていけないじゃないか」

そんな声が聞こえてきそうだ。

でも、この質問に対して同じ答え方をした人は、今までにいない。

もちろん、英語が必須の社会になってきたことも理由の一つであるが、

それだけじゃない。

「英語を話せるようになって・・・。」その続きにその人が心底大事にしている、美しい夢がある。

「英語を学ぶこと」は手段で、最終目的じゃない。


ある女性は「今度、孫が生まれるが、英語を話せるようになってほしい。そして、自分自身も英語を学んで、孫にとって恥ずかしくないようなおばあちゃんになりたい」と英会話を始められた。

英語を学ぶのは高校を卒業して以来、40年ぶり以上のことだ。

その身を投げ打つような献身さ、お孫さんへの想いを持って、もう1年も英会話を続けている。

その方は、英語に夢を託しているのだ。

お孫さんがいつか、世界へ羽ばたけるように。


日本の英語教育の議論の中でよく耳にするのが、「英語はただの道具だから」という言い方。

この表現に、胸がざわつく。

どうだろう、もし「日本語はただの道具だから」と言われたら。

私は悲しくなると思う。

確かに日本以外で使うことの出来ない「道具」なのかもしれないが、

ここまでに約二千年と、紡がれた歴史がある。

まだ言葉も分からない幼子に、一生懸命、母が、父が、語りかけてきた。

その記憶が紡いできたもの。

英語も然り。

もちろん中学生になって、突然「This is a pen.」が出てきたら、最初は丸暗記するしかないかもしれない。

でも徐々に、その「ことば」の持つ本来の美しさや背景、魅力を知ってほしい。

その「ことば」の持つ、本当の姿を知ったときに、ようやく「ことば」はあなたの一部になる。

味方になってくれる。

「道具」なのかもしれない。でも「ただの道具」ではないのだ。

知らない世界へあなたを連れていってくれる、素晴らしい道具。

「あなた」という存在を、より広い世界へ伝えてくれる、素晴らしい道具。

だから、もっと自由に使っていい。

広いキャンバスに、自由に絵を描くように。

「This is me!」「私はここにいる!」 と表現するための筆として。


私はもう、その人が不在の表現を伝えることはできない。

もっと生き生きとした、その人を全身全霊で感じられるような表現。

それを待っている。

自己表現のための英語へと。

そんな一種の神聖さを持つ「言語を教える」という行為を、私に託してくれた人たちに、「ありがとう」と伝えたい。

私に優しく語りかけてくれたあの人、じっと耳を傾けて、私の「ことば」が育つのを待ってくれた人へ、溢れんばかりの感謝の気持ちを込めて。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.