「ヒューズを抜いてくれ」ティク・ナット・ハン

今日、マインドフルネスの集まり(サンガ)に参加した。

そのときに紹介された、心に響いた詩。

これはあなたの怒りの声?

それとも、誰かの叫び?


「ヒューズを抜いてくれ」 ティク・ナット・ハン
 
もしぼくが爆弾なら
いましも爆発しようとするところ
もしぼくが いま君のいのちを
脅かすなら
ぼくの取り扱いに気をつけるべき
君はぼくから逃げられると考える
でも どうやって?
ぼくはここ 君のど真ん中にいる
(人生からぼくだけを取り除くのは不可能)
おまけにぼくは
いつ爆発するかわからない
必要なのは君の気づかい
必要なのは君の時間
ぼくは君にかかっている
君は約束したのだから(ぼくは聞いていた)
愛することと 気づかうことを
 
ぼくの世話をするときに
必要なのは大きな忍耐
変わらぬ平静さ
ぼくは知っている
誰の中にもヒューズを抜くべき爆弾がある
だから 互いに助け合うほかないだろう?
 
どうかぼくの言葉を聞いてほしい
だれも耳を貸してくれなかった
だれもわからなかった この苦しみを
ぼくを愛すると言った人たちさえも
この心の痛みが
ぼくを絞めつける
爆弾の成分はTNT火薬
ぼくの言葉を聞こうとする者は
ひとりもいなかった
だからこそ 君に聞いてほしい
でも君は 逃げたがっているのだろうか
自分の身を守るため 走り去ろうとしているが
それで得られる安全なんて
どこにもありはしない
 
ぼくが勝手に作った爆弾ではなく
それは君だ
社会だ
家族だ
学校だ
伝統だ
だから ぼくを責めないで
そばに来て 助けてほしい
でないと 爆発してしまう
これは援助要請なのだ
ぼくも君をきっと助ける
いつかその立場になったなら
 
 
ティク・ナット・ハン詩集
『私を本当の名前で呼んでください』より
島田啓介 訳、野草社



Defuse Me

If I were a bomb
ready to explode,
if I have become dangerous to your life,
then you must take care of me.
You think you can get away from me, but how?
I am here, right in your midst.
(You cannot remove me from your life.)
And I may explode at any time.
I need your care.
I need your time.
I need you to defuse me.
You are responsible for me,
because you have made the vow
(and I heard it) to love and to care.

I know that to take care of me
you need much patience, much coolness.
I realize that in you there is also a bomb
to be defused.
So why don’t we help each other?

I need you to listen to me.
No one has listened to me.
No one understands my suffering,
including the ones who say they love me.
The pain inside of me is suffocating me.
It is the TNT that makes up the bomb.
There is no one else who will listen to me.
That is why I need you.
But you seem to be getting away from me.
You want to run for your safety,
the kind of safety that does not exist.

I have not created my own bomb.
It is you.
It is society.
It is family.
It is school.
It is tradition.
So please don’t blame me for it.
Come and help,
if not, I will explode.
This is not a threat.
It is only a plea for help.
I will also be of help
when it is your turn.

Thich Nhat Hanh, Call Me By My True Names (Berkeley: Parallax Press, 1999)