『タゴール・ソングス』

もし 君の呼び声に誰も答えなくても ひとりで進め


自分が理解できない言語の響きに心が震えるのはなぜ?

誰もが抱える孤独にそっと寄り添う、ベンガルの人々の心の友。

外から来た私たちにはきっと見えない存在。

その心の友が彼らの生活の至るところで見つかる。

幼いときから彼の歌に囲まれているからこそ、ベンガルの人びとは、たとえ苦境の中でも強くしなやかに生きていけるのかもしれない。


僕らはみんな王さまだ

この王国の中で僕らは夢をもって進む

いつかきっと 王さまの道と一つになる


誰にも傷つけられることのない自尊心を胸に。


今から百年後へ向けて

今朝 春の歓びに触れたことあの花  

鳥たちの歌を あの深紅の輝きを  

心から あなたに届けられるだろうか


百年も生き続けた彼の歌が、また百年、歌い継がれますように。

http://tagore-songs.com/