最近、立て続けに色んな出来事があって、日々、心の様子が変わっていく。

起きている出来事は様々だけど、その中にある学びが、何か一貫性があるような気がして。

「それらは一体なんだろう?」という興味と好奇心がある。

神奈川・葉山の海

一つの出来事としては、社会の中でようやく誰かの役に立てるようになってきたこと。

ここ数年、自分は「社会に必要とされない人間」だとか「ずっと努力してきたけど、社会の中に私の居場所はない」という思っていた。

それが、少しずつ「あなたのやっていること、存在には価値があるよ」と認めてられるようになったこと。

私の学びに対する姿勢やオリジナリティ。スキルや経験、存在を全部。まるっと全部。

もしかすると、周りの人たちはそんなメッセージをずっと送ってくれていたのかもしれない。「あなたには価値があるよ」って。

ただ自分だけがそのメッセージを受け取ることを拒否していたのかもしれない。

そうしてようやく今、自分自身が自分の価値を認め始めただけなのかもしれない。

隠しもしない、ありのままを。

デコボコも、そのまま。

新米のおにぎりたち。どれも個性ゆたか

昔、社会的に認められることがあったとき、「認めてもらった!」と舞い上がって調子に乗った。

「誰かと比べて自分は成功している」とか「これでようやく社会的に安定できる」とか。

もちろん、今でも時々そんな声が聞こえるけど、もっと大きなものにつながると、そんな声はすーっと消えていく。

それは「いのち」とのつながり。

それが一体何なのか、まだ上手く言語化できないけど、綿々と続く「いのち」を生きる中で、何か一つのバトンを渡されている感じ。

私の存在自体も、その大きな「いのち」の一部。

わたしの「いのち」は色んな形を通して現れる。

身体を通して。私の感情を通して。興味や学びを通して。

英語もそうだし、その他たくさんの媒体がある。

食べたい、という身体的欲求や。

嫌だ、楽しいという感情。

これが知りたい!という欲求も。

私の中にある、柔らかなところも。

すべてが何らかの「いのち」の発現。

そんな「いのち」をみんなに分け与える中で、「お返しをしたい」と思ってくれている人たちの存在に気付いた。

以前は「私はまだまだだから」とか「受け取るに値しない」「相手に悪い」と思って、受け取りを拒んでいた。

でも、自分の中にある「いのち」を感じて存在を受け入れたとき、受け取らないことは、自分の「いのち」だけではなく、もっと大きい「いのち」を軽んじていることに気付いた。

この「いのち」は、私だけのものではない。

だから、もらいすぎも、もらわないことも、どちらもエゴなんだと。

私一人が豊かになっても仕方ないし、「謙虚ないい人」になっても仕方ない。

「欲しい」という気持ちや憧れも、純粋ないのちの躍動の表れ。

「食べたい」というのも大事な生命力。

この自分の「いのち」にどれだけ敬意を与えられるだろうか。

自分、というものに固執せず。

そして、自分の「いのち」が「大きないのち」の一部と感じたとき、そこに圧倒的な謙虚さと敬虔さが生まれる。

そこには驕りも卑屈さも存在しない。ただただあるだけ、の。

私の役割は、ただただ自分や周りにある「いのち」に耳を澄ませ、生かしていくことなのだ、と。

この借り物の「いのち」を育てて、次につなげること。

自分がまるで「器」になったかのように、受け取り、与える。流していく。

そこにあるはずの、「いのち」の存在を信じて。

そんなことがしていきたいのかもしれない。

堀文子「流れ行く山の季節」

こんな「いのち」を生きたい。