NVCの基本要素は「観察」から始まるが、一体どんな意識を持って「観察」したら良いのだろう。

事実ベースで客観的に観察しようと思っても、どうしてもバイアスが入りやすい。自分の解釈や評価と混じりやすい。

また、同じ現実を見ていても、その人にとって何が重要かによって、見るポイントが違う。

例えば、公園で子どもたちが遊んでいるとする。

子育て中の母親にとっては、自分の子どもと比較した観察になるかもしれないし、

もし公園の遊具に興味がある人は、子どもたちによるクリエイティブな遊び方が視野に入ってくるかもしれない。

自分が小さい頃に公園で怪我をしたことがある人は、子どもたちが安全に遊んでいるかどうか、そこに注意が向くかもしれない。


外界で起こる現象に関しては、人それぞれの現実が発生してしまう。

下記の引用は、どんな意識・注意を向けるかで、人生が変わっていく、という内容である。

Your attention is powerful — full of power. The kind of attention I am talking about is your non-judgmental, welcoming, loving attention. This attention energizes and enlivens all things in your life. Your attention arises from inside you; from that presence we’ll call your inner self.

What you pay attention to and how you pay attention is how you use your power. When you reclaim your attention, you reclaim your power, your true power. And this leads to a more peaceful, fulfilling and creative life.

~ Sarah McLean, Reclaim Your Attention, Reclaim Your Power

人の意識にはパワーがある。事実、パワーで満ちている。この意識、注意力というのは、ジャッジせずに、暖かく迎え入れてくれるような、愛のある意識である。この意識は、人生のあらゆるものを活気づけ、生き生きさせる。この意識は、あなたの内側から芽生える。そこから、あなたのインナーセルフを呼び起こそう。

何に、どのように意識を向けるかによって、パワーの使い方が決まる。自分の意識を取り戻したとき、自分のパワー、本当のパワーを取り戻すことができる。そして、さらに穏やかで、豊かで、創造力に満ちた人生を創ることができる。

サラ・マクリーン

今、受けているロバート・ゴンザレス (Robert Gonzales)の講座内で、このattention, awarenessとは、どういったモノなのか、質問があったのだが、それは言葉で説明することができない、という回答だった。

それは、まるで水の中にいる魚にとって、水とはどのようなもの?と聞いているようなもの。

水の中にいる、その体験を意識するしかない。

そして、その意識は私たちの中に常に存在している。

意識を呼び起こすには、内側に目を凝らし、全てを体験している自分自身を、意識を持って観察すること。

そこに沸き起こる、感情や感覚に目を凝らすこと。

深く自分とつながったとき、自分が本来持っていたパワーとつながることができるのかもしれない。