今日は久しぶりに英語での共感サークルをクローズドのメンバーでやってみた。

その前に、過去のドキュメントの整理をしていたら、ある本の引用をまとめたメモが出てきた。

どんなメモを残していたかチラッと見てみたら、今自分が英語や英会話で大事にしたいと思っていたことが書いてあって驚いた。

上辺だけのコミュニケーションのハウツーは、英会話の現場でも多い。シーンごとのフレーズしかり、どうやったら英語で外国の人と会話できるか、という外に向かう言葉に注目が集まりやすい。しかし、言葉が思考を表すように、内容がなければ、それは空虚な情報の投げあいにしかならない。

ずっと前に、小学校で英語教育を導入するか議論があったとき、「まずは日本語での思考能力を鍛えるべき」という層の識者がいたが、これに近いかも、と思う。

日本の英語教育業界において、英語の発音や流暢さといった「形」が重視される中、「始めるのは早いほうが良い」という論調が高まったのは不自然ではない。

(もちろん、早期に学び始めることで、英語の思考に早く慣れることができるといった別の利点もあるが)

日本の中にある「英語コンプレックス」”Collective trauma” のようなものに気付いていくことは、英語学習する上で必要なことだと思う。

発音や言い直すことを「恥ずかしい」と思うのは、自分や同じ「恥」を共有する集団のメンバーであることが多い。

相手は、ただ単に「分からなかったな」とか「がんばって話しているな」と、暖かさを持って見ていることが多い。

(この視点を分かってもらうために、よく「もしあなたに、日本語を学んでいる外国人が、一生懸命話そうしていたら、どう思いますか?」という問いを投げかける)

本の引用に戻ると、

そこで思っていることを自在に話す術を得たとしても、話したり書いたりする中身が変わるわけではないため、逆に『なんだか嘘っぽい』『口先だけな気がする』という印象をもたれる可能性すらある。

…外に向かう言葉だけをどんなに鍛えたところで、言葉の巧みさを得ることはできるかもしれないが、言葉の重さや深さを得ることはできない。

私がこの仕事「ことばのたね」を通して伝えたいことは、こういうことだと思う。

本当に伝えたいもの、それは言葉という箱に入れようとした、もやもやと存在する想いやエネルギー。

本来なら形にならぬもの。それを見えるように、箱に入れて、プレゼントする。

箱の見た目ばかりに気を取られていないだろうか。伝えたい想いを、疎かにしていないだろうか。

そして受け取る方も、見た目に関わらず、丁寧に箱の中身を受け取ることはできるだろうか。

その箱も、箱の中身も、両方大事にできたら、どんな素敵なギフトのやり取りができるだろう。

そんな想いを込めて、自戒も込めて。