年末も近づき、なんだかソワソワする時期になりましたね。 日本では、クリスマスもすっかり定番の行事となりました。色んなお祝いごとを宗教関係なく吸収して、自分のものにしていく様子から、日本特有の寛容性と、新しいモノ好きな国民性が表れている気がしますね。 さて、クリスマスといえばクリスマスプレゼント。何を買うか色々悩んだり、何をもらおうかなと楽しみだったりしますよね。 最初に渡米したとき、日本ほどBirthday presentRead More →

「この世界は祈る人たちによって支えられている」 一年前の私は、これにはっきりと否定した。 見えない世界の話というより、ユング心理学における元型の話である。「Praying anima(祈る女性)」という心象を持っているかという話である。 「そんな存在は感じられない。誰のことなのか一体分からない」と。Read More →

お漬物の中で、好きな一番好きかもしれない。 大きな漬け樽と、天日干しするスペースが無いと作れないと思っていたけど、1/2の白菜を約6リットルのタッパーで漬けることができた。 重石も、梅干し作りの時に使った塩の入ったジップロックを使って。 味の評定は隣に住むおばあさん。 よくおすそ分けしてくれるので、おかずを作ってお返ししていたが、ある時煮物をおすそ分けしたら、「味が薄い」と言って、煮汁を作り直したものが返ってきた。Read More →

最近、図書館に行っては英語学習関連の本を読み漁っています。本屋さんでも英語関連のコーナーにはたくさんの新刊がずらりと肩を並べていますが、新しいからといって良書とは限りません。 図書館にある英語関連の本は、そういった真新しさがない一方で、定評のある本が多くので、参考書選びで悩んだ場合、一度図書館に足を運んでみるのもおすすめです。 私の場合、たまたまタイトルが目に入った本との出会いも楽しみの一つです。 先日借りた本で、自分の中で大ヒットした本をご紹介します。 大ヒットというのも、私が英語学習において大事にしたいと思っていることが、何十年も英語を教え続けている先生が非常に分かりやすく、ご自身の経験を元に書いていらっしゃっていて、驚きとともに、自分の方向性を確認する上でとても安堵感を覚えました。Read More →

英語を第二言語として使い始めて、もう10年経ちました。 海外の人と英語で話していると「ネイティブだと思った」と言われることが多々あります。日本で英語に関する資格も一通り取得しました。おそらく日本では「英語が話せる人」に分類されるかと思います。 こう言うと眉をひそめる方もいるかもしれませんが、実を言うと自分が満足するレベルには、まだ達していません。 それは5年ほどの留学期間中に、さんざん「ネイティブの英語」を聞いてきたからかもしれません。超えることのできない圧倒的な壁を何度も感じてきたからだと思います。 どうやったらネイティブのように話せるんだろうか、どうやったら聞き返されなくても済むんだろうか、どうやったら一緒に会話できるようになるんだろうか。Read More →

日本人と英語の発音の関係って、どうしてこれほど複雑になってしまったんでしょうか。 「発音」と聞いただけで、過去のトラウマがふつふつと腹の底から沸き上がってくる方も多いはず。 「私、発音悪いんで…」と仰る方も多いけれど、「そんなことありませんよ」以外に上手く返すことができず、いつも決まりの悪さに取り残されてしまいます。 おそらく世界中で日本語母語者以上に、発音にコンプレックスを抱いているグループはいないかもしれません。 そもそも英語が苦手という方の一番の不安と恐怖は、Read More →