今日は久しぶりに英語での共感サークルをクローズドのメンバーでやってみた。 その前に、過去のドキュメントの整理をしていたら、ある本の引用をまとめたメモが出てきた。 どんなメモを残していたかチラッと見てみたら、今自分が英語や英会話で大事にしたいと思っていたことが書いてあって驚いた。 上辺だけのコミュニケーションのハウツーは、英会話の現場でも多い。シーンごとのフレーズしかり、どうやったら英語で外国の人と会話できるか、という外に向かう言葉に注目が集まりやすい。しかし、言葉が思考を表すように、内容がなければ、それは空虚な情報の投げあいにしかならない。 ずっと前に、小学校で英語教育を導入するか議論があったとき、「まずは日本語での思考能力を鍛えるべき」という層の識者がいたが、これに近いかも、と思う。Read More →